【auユーザー必見!】UQmobileではなく、あえてmineoを選ぶ4つの理由

[`evernote` not found]
Bookmark this on Google Bookmarks
[`yahoo` not found]

プラン変更だけでドコモ回線へ切り替え可能(MNP不要)

格安SIMに乗り換える際、今使っているau端末をそのまま引き続き使うことがほとんどだと思いますが、いずれ端末が壊れたり、新しい端末が欲しくなったりします。

au系の格安SIMの場合、ASUS、HUAWEI、FREETELなどの格安スマホ、あるいは海外版のXperia(技適あり)など「SIMフリー端末」は使えません。なので、端末を買い替える場合は、自分が契約しているMVNOから購入するか、auの中古携帯電話(白ロム)を購入することになります。

詳しくはこちらのエントリーをご覧ください。
端末を買い替えたい場合はどうするの?

そんな時、mineoならドコモ回線へ簡単にプラン変更できるので、SIMフリー端末への機種変更が可能になります。

つまり、

・MNPしなくていい
・MNPの費用(転出手数料2,000円と、新規契約事務手数料3,000円)が要らない
・最低利用期間内にプラン変更しても違約金を取られない
・WEBから申込できるのでお手軽
・切り替えの際、使えない時間が1時間程度

というメリットがあります。

参考までにmineo公式ページの情報です。

【mineo公式】auプラン(Aプラン)とドコモプラン(Dプラン)の間でプラン変更を行った場合、携帯電話番号ポータビリティー(MNP)の手続きは必要ですか?
【mineo公式】タイプ変更/プラン変更に伴う利用不可期間について教えてください。
【mineo公式】auプラン(Aプラン)料金

データプランが豊富(UQ mobileは3GBのみ)

・mineo
500MB/1GB/3GB/5GB/10GBからデータ容量を選択できます。

プランシングルタイプ
(データ通信のみ)
デュアルタイプ
(データ通信+090音声通話)
500MB700円1,310円
1GB800円1,410円
3GB900円1,510円
5GB1,580円2,190円
10GB2,520円3,130円

・UQ mobile
3GBのプランしかありません。データ容量無制限のプランがありますが、通信速度が最大0.5Mbpsなのでツライです。

プラン月額基本料金データ容量
データ高速プラン980円3GB
データ高速+音声通話プラン1,680円3GB
データ無制限プラン1,980円無制限
データ無制限+音声通話プラン2,680円無制限

UQ mobileの速度は不要!

キャリアでは、「4G LTE 受信最大100Mbps!」なんてウリにしていますが、実はほとんどの場合、そんな速度は必要ありません。

とはいえ、MVNOのデメリットとして通信速度が不安定、といったことはよく耳にしますので、何となく、通信速度に定評があるUQ mobileを選びたくなります。分かります、その気持ち。しかし、必ずしもその必要はないのです。

mineoには節約モード(500kbps)というのがありますので、試しに500kbpsでどこまで実運用に耐えられるのか、実際にアプリを使ってみた結果を書いてみます。

・ネットラジオ系
Jazz Radio、radikoをよく使いますが、ほぼ問題ありません。毎日通勤電車の行き帰りで聞いていますが、月に数回程度、音声が途切れることがあります。ただ、これは電波の問題でauを使っていた頃にも発生していましたので遜色ありません。

・メール系
Gmail、Outlook、K-9 Mailを使っていますが、まず問題ありません。容量の大きな添付ファイルをダウンロードする場合を除けば、まったくもって問題はありません。

・LINE
メッセージのやり取りはまったく問題ありません。音声通話もほとんどの場合、問題ありません。たまに音声が聞き取りにくい場合がありますが、これもネットラジオと同様、電波の問題でauを使っていた頃にも発生していました。一方、ビデオ通話は、さすがに画像がカクカクぎこちない動きをして、まず使えません。

・Webブラウジング
サイトによります。GoogleやYahoo!での検索はまったく問題ありません。Yahoo!ニュースは画像の表示がやや遅く、それでも読めなくはない程度です。何世代か前の端末のスペックで見ているような感じです。あとはもう、サイトのページサイズ次第です。スマホ用に最適化されているな、と感じるサイトではあまりストレスなくブラウジングできますが、そうでないサイトは見るのをあきらめてしまいます。

・Google地図アプリ
最初の読み出しが遅いですが、読みだした後、徒歩で使う分にはほぼストレスなく使えます。カーナビとして使う場合は試していないのでわかりません。

・Runtastic
ジョギングに使っていますが、ほぼ問題ありません。毎週末使用していますが、最初の地図読み出し時に、「電波が弱いので正確な場所を特定できません」といったようなメッセージが一度だけでました。

・Google Play
試しにやってみましたが、さすがに時間がかかり過ぎて厳しいです。放っておくといつかは終わりますが・・・。

以上のような感じですので、家にWi-Fi環境がなくてLTEでアプリのダウンロードやアップデートをせざるをえなかったり、外で動画をガンガン見たりするヘビーユーザー以外、通信速度に定評のあるUQ mobileを選ばなくとも「mineoで十分」、ということになります。

データ容量が足りなくなったらフリータンクで分け合える

mineoでは、容量が足りなくなったら100MBを150円でチャージできますが、それとは別に、ユーザー間でシェアできる仕組みがあります。

これはありがたい仕組みです。

【mineo公式】フリータンクの使い方ガイド

まとめ

・ドコモプランに変更すれば、いつでもSIMフリースマホを使うことができる
・ライトユーザーの場合、UQ mobileの速度がなくても十分使える
・データプランが豊富なので、様子を見ながらプランを変更できる

という点から、ゼッタイにUQmobileではなくmineoをおススメします!

[`evernote` not found]
Bookmark this on Google Bookmarks
[`yahoo` not found]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です